認知症を予防する|健康な体を手に入れる秘訣!

鉄分不足は食から補う

疲れ

食事の内容に着目

月経などによる造血の低下によって貧血に陥りやすい女性は多く、食事療法による予防や改善を意識する工夫により、様々な利点を得ることは可能です。例えば、貧血には鉄分を意識的に身体に吸収させる必要がありますが、鉄分と結合することで不溶性の成分に変化してしまいやすいのがフィチン酸で、吸収を妨げやすい難点が挙げられています。しかしながら、健康や美容の観点からもバランスの取れた食事を意識する必要はあり、女性の中には主食に玄米を食べる率も増えています。鉄不足を気にする場合に吸収を妨げやすい玄米を取り入れる場合には、よく噛む一工夫でフィチン酸の働きを抑制させられます。貧血に悩む場合、鉄の吸収を阻害する栄養素を減らすのではなく、食べ合わせ・食べ方を工夫することで栄養バランスまでが整います。

食事時の飲み物

貧血の予防や改善には、レバーやほうれん草などの鉄分を豊富に含む食品を取り入れた食事を意識する必要があるものの、吸収を妨げやすい飲み物の存在に着目することも積極的な改善を試みる場合に知っておきたい情報です。動物性食品に含まれるヘム鉄は吸収を妨げる性質ではないのが特徴ですが、植物性食品に含まれる非ヘム鉄は消化吸収率が低く、タンニン鉄は消化される腸での吸収を妨げやすいのが特徴です。タンニンは緑茶成分でもあり、食事の際の飲み物として世間一般的に愛飲されていますが、鉄分豊富な食事の際には麦茶に置き換える他、食後の吸収する経過を見計らってから飲むことが大切で、洋食ではワインも緑茶同様の特徴が挙げられており、貧血の予防や改善時には意識したい内容です。